Facebook News

盛岡バスセンター跡地(愛称:SIDE-B)は本整備がはじまるまでの間、私たち肴町の青年部4S会や地域の商店街など協議会を作ってお借りし、河南地区を盛り上げていく目的で活用する予定です。

盛岡バスセンター跡地(愛称:SIDE-B)は本整備がはじまるまでの間、私たち肴町の青年部4S会や地域の商店街など協議会を作ってお借りし、河南地区を盛り上げていく目的で活用する予定です。

昨日、敷地の路面側に素敵なサインボードが設置されました。もりけんがあったり、かわいいイラストがあったりとっても見ていて楽しいボードになっています。

ぜひぜひ、ご覧頂ければ嬉しいです!


【ご報告:路面側にサインボードを設置しました】
 2017年8月28日、SIDE-Bの路面に面している部分にサインボードを設置いたしました。
 尚、第2弾として近日中に場内にも設置予定です。ぜひお楽しみに頂ければと思います!

○サインボード コンセプト 「人・まち・バス 」
 看板のコンセプト「人・まち・バス」は、市民・県民が、個や組織(企業や団体)で活動することが河南地区・盛岡・岩手そのものである、これらのアクティビティを公共交通であるバスが支えて行く、というストーリーを表現しています。
 尚、「人々はバス(センター)を待っている」、のダブル・ミーニングにしています。

○デザインについて
 上段には、河南地区・盛岡・岩手に対しての応援メッセージを入れました。一部、盛岡もの識り検定を入れています。その答えはぜひ、皆さんで河南地区を歩いて探してほしいという気持ちを込めました。
 中段には、SIDE-Bプロジェクトにご協賛を頂き、実質的に本プロジェクトにエネルギーをそそいでくれている企業様のお名前をご紹介させて頂いております。盛岡や岩手にはこのように多くの、志ある企業様があって、地域を支え創造してくれている事を共有したいと考えています。
 下段には、「人・まち・バス」にちなんだ河南地区の代表的な場所やカルチャーを、そして河南地区にいつもある普段の私たちの生活、これを支えるバスを描いています。

○イラスト
デザイン:岩渕俊彦(IWABUCHI Toshihiko)
1963 岩手県生まれ。1989 岩手大学 教育学部 美術専攻科終了。
2001 紙町銅版画工房 開設。
近年では紺屋町スタンプラリーの消しゴムハンコの作成や、盛岡市からの依頼も多数。
今回のSIDE-Bプロジェクトのために、河南地区を代表する場所・文化・人々の営みをモチーフとしたイラストを新規で20点ほど作成頂きました。

■紙町銅版画工房
http://www2.odn.ne.jp/aura/hanga/kamicho.html

ぜひ、すべてのデザイン、ご覧になってみてください。

○ご協賛各社様(アイウエオ順)
アーク株式会社 様
有限会社アイドカ 様
株式会社岩手銀行 様
株式会社岩手県北観光 様
岩手県北自動車株式会社 様
株式会社岩手ナブコ 様
合資会社小原商店 様
有限会社カギハシ 様
金子新聞販売株式会社 様
株式会社川村コーポレーション 様
株式会社北日本銀行 様
工藤内科ハートクリニック 様
株式会社清次郎 様
ダイナステージ株式会社 様
株式会社ダイヤパーク 様
竹田・菊地税理士法人 様
D&Li株式会社盛岡支社 様
東邦スワン株式会社 様
東北シート工業株式会社 様
医療法人遠山病院 様
トヨタL&F岩手株式会社 様
ななっく株式会社 様
株式会社成瀬 様
株式会社パーツ産業 様
株式会社平金商店 様
ムラタ株式会社 様
モバイルコミュニケーションズ株式会社 様
盛岡信用金庫 様
盛岡八幡宮 様

以上